The Canvas Blog | ブログ

vol.8 海の町のリラクゼーションサロン( Stella Maris )

just be relaxed with ocean breezing and sounds of waving in addition to gentle treatment by Maki.

海の町のトリートメントサロン、Stella Marisにあるもの。
至福のトリートメントはもちろん、波の音、汐風、美しい猫、そして、オーナー・Makiさんとの心地のよいおしゃべり。

立石公園の駐車場に車を停め、目の前に広がる海を横目に裏道をとことこと進む。
少し分かりづらいアプローチを進むと、ハーブや小さな花が植えられた庭がぽっかりと広がり、その先に二階建ての日本家屋が現れる。

エントランスには白の暖簾が掛けられ、その下には沖縄のシーサーが構え、引き戸の脇には小さな黒板に「Stella Maris」の文字が見える。「こんにちは。」と扉を開けると、まず圧倒的な景色が目の前に広がる。
そう。この家のすぐ裏は、道も、電線もはさまずに、秋谷海岸。
何度訪れても、その景色に圧倒されて少しだけぼんやりとしてしまう。

「いらっしゃい。」と出迎えてくれるのは、このサロンのオーナー兼セラピストのMakiさん。
この家のたたずまいとバランスの取れた少し低い声、落ち着いた話し方で出迎えてくれる。
波の音と潮風をすぐ近くに感じながら、Makiさんと最近の葉山のこと、仕事のこと、身体のことをおしゃべりしつつ、少しずつ「自分」の身体に集中していく。

小柄で華奢な体、ショートカットがとても似合う美しい顔立ち、くるくるとチャーミングによく動く目のMakiさんは、その外見からは少しギャップを感じるくらい、しっとりと落ち着いた話し方をする。
この声と話方に引き込まれつつ、普段はあまり考えることのない、自分の身体のことを考え始める。

その時の気分に応じて香を選び、リビングルームの奥にあるトリートメントルームに案内される。
この部屋でも、低く流れている音楽の合間に、波の音を聞くことができる。

波の音を聞きながら、Makiさんの華奢な体からは想像できない、的確な力のトリートメントを受ける。
トリートメントが終わると、とろんとする頭で、またあの圧倒的な景色をのぞむリビングに戻る。

Makiさんの自宅を兼ねたこのサロンでは、夕方にトリートメントが終われば、キッチンでご主人が美味しい香が広がるパスタソースを作っていたり、お嬢さんが学校から「ただいまー!」と帰ってきたり、猫のマルコが美しい体をすりつけて甘えてきたり。

ともすれば、なんとも生活感の漂うサロンになりがちなのに、絶妙なバランスで、心からリラックスができて、
クリアになった頭で自分の身体と向き合う時間を作ることができる、そんな海の町らしいサロンの空気感を保っている。
それは多分、この家のたたずまいと、わざとらしくなく広がる海の景色と波の音、そして何よりもMakiさんの密やかで落ち着いた話し方が
作り上げているのだと思う。

磨きこまれた古い床板と、吹き抜けの屋根を支える太い梁のある海辺のサロンには、美しい猫と、
落ち着いたトーンのおしゃべりがよく似合う。

Stay calm in very Hayama style salon with beautiful things.
nahoko,
* 「Stella Maris」はThe Canvas Hayama Parkより車で約10分。海沿いの道を歩けば約30分。
* The Canvas Hayama Parkへの出張トリートメントを開始しました。お問合せはこちらから→