The Canvas Blog | ブログ

Vol.105 どんど焼き、令和の歳神様を天に送る

松の内が明け、令和2年もいよいよ普段の生活が戻った。

葉山各地の神社や町内では、伝統行事のどんど焼きが行われる。
その年飾ったしめ飾りや松、書初めなどを焚き上げて
一年の健康成就と五穀豊穣を祈念する。

元号が変わり初の新年に、平穏を願う気持ちもひとしおだ。

1月11日の朝9時に、一色海岸に持ち寄られた多くの正月飾りは
神笹の周りに積みあがってお焚き上げの瞬間を迎えた。

山梨葉山町長の挨拶

参列した山梨葉山町長の挨拶に続いて、各町内会長らが点火。
火は瞬く間にパチパチと松、竹を這い上がり、熱い風が頬を染める。

木の枝の先に火をつけ、どんど焼きを点火している

ボン!とお腹に響く破竹の音に子供たちは歓声を上げる。

お散歩のワンちゃんたちも、
きょとんとしたり、びっくりしたり。遠巻きに炎を見つめている。

参加者がどんど焼きの周りに集まっている。

テントに設けられた受付では福引や振る舞い酒に長い列が出来て
老若男女がほっとするひと時を楽しんでいた。

振る舞い酒を並ぶ行列ができている。樽に入ったふるまい酒をコップに勢いよく注いでいる

どんど焼きは今は都市部ではあまり見られなくなった行事である。
人の背丈の倍以上に燃え上がる神炎は、広い浜辺や境内でこそ出来る勇壮なものである。

火を囲む人びとは互いに親しく、世間話に花が咲く。
地元の町民だけではなく、訪れた外国からの旅行者も輪に入り交流を深める。

葉山に住まう人は、海を愛し、嫋やかな風景とともに人生を過ごしている。
そして長閑な空気に忘れかけた時間の過ごし方を思い出す。

年に一度、揺らぐ炎を観に旅をするのも素敵だ。

季節を感じ、宿に暮らす。
シンプルで小さな滞在の楽しみがある。

一色海岸の全景。どんど焼きの火が灯り、人々が集まっている。


It's nice to travel once a year to watch the swaying flame.
Yoshifumi,


…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
2020年2月まで、最大20%オフの3周年プラン中
「暮らすように滞在する」五感で楽しむ葉山
The Canvas Hayama Park
ご予約はこちら
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
ウェブサイト/フェイスブック/インスタグラム