The Canvas Blog | ブログ

vol.3 南風吹き荒れる日

nice southern wind on Isshiki-beach on 2017.01.30

葉山には年に数回嵐がくる。

だいたい夜の遅い時間から嵐はやってきて、空の高いところでごうごうと風が唸りをあげる。
山ではざわざわと木々の葉が音を立て、だいぶ離れた場所でも海の轟きが聞こえ、潮の香りが色濃くなる。
暖かなベッドの中で、そんな音に耳を澄ませながら、自然に近い場所で生きている事を実感する。

今日の嵐は珍しく昼前にやってきた。
晴れ渡った空に日が高くなりはじめ、ぐんぐんと気温が上昇した頃に、温かな南風が強くなった。
朝から時化の模様だった海は、きらきらと太陽の光を受けつつも、沖では白波が立ち、普段は穏やかな一色海岸もその表情を豹変させた。

一色海岸から大浜海岸には、うきうきとした波乗り達が駆け付ける。
この辺りの浜では、余程角度の良い台風が来るか、低気圧が抜けるかでもない限り、穏やかな海面が広がる。
その分、SUPやアウトリガーカヌーなど、様々なアクティビティを愉しむことができる海でもある。
多様な表情を持ち、多種のアクティビティを楽しめる。それこそが、この葉山の海の最大の魅力でもある。

でも、こんな嵐の日には、「あれ、仕事は?今日平日だよ?」と笑顔で聞きあう波乗りおじさん、お姉さんが浜に集う。
いつも思う。この地域に嵐がやってくる日には、日本のGDPは下がるに違いない。

Having fun on the day of big wind !!
nahoko,