The Canvas Blog | ブログ

vol.34 葉山の老舗ビーチサンダル屋「げんべい」

小さい頃からよく目にしていた「げ」と書かれたTシャツ。
通称“丸げTシャツ”と呼ばれていた、その商品を扱うお店の名は「げんべい」。
葉山を代表する、老舗ビーチサンダル屋だ。

げんべいビーチサンダルが棚いっぱいに陳列されています

ビーチサンダル専門店と聞くと、馴染みのない人はイメージがわかないかもしれないが、
店内に一歩入ってみると、驚くほどの種類の多さに度肝を抜かれる。

ソールも鼻緒もカラフルで、サイズも豊富。
ここはまるでカリブ海に並ぶ街並みのよう。
見ているだけでわくわくしてくる。

これが海の街、葉山なのだ。

葉山の地元の人で、げんべいを知らない人はまずいないだろう。
「今年は何色にしようかな」と、げんべいのビーチサンダルを買いにやってくる。
これが、夏の始まりの合図となる。

お店側も、そんな地元の人の期待を裏切らない。
毎年新しいビーチサンダルを店頭に並べ、いつも私たちを楽しませてくれる。

早速私も、今年の一足を探しに、げんべい元町店へ訪れた。

新作はこれ、鼻緒がマーブルになったビーチサンダル。
げんべいビーチサンダルの今年の新作は鼻緒がマーブル ソールはレインボーです

マーブル柄はすべて一点物なので、同じ物には巡り会えない。
違う色を何枚も重ねレインボー調にしたソールも、かなりのこだわり物。
暑い夏に負けないエネルギーを、足元からチャージしてもらえそうだ。

さらに店内を物色していると、また異なるビーチサンダルを発見。ギョサンだ。
げんべいのギョサン信貴(しぎ)

「信貴(しぎ)」と呼ばれるこの商品は、せったと同じ作りで作られており、
かかとにはスポンジのソールが入っていて疲れにくくなっている。
もともと足袋屋だったげんべいだからこその、珍しい一品である。

げんべい元町店では、ほかにも珍しいギョサンがたくさん置いてあるので、
ぜひ1度足を運んでみて欲しい。
げんべい元町店店頭
げんべい元町店

ギョサンの魅力に心を奪われていると、
「本店にはまた違う珍しいギョサンがありますよ。」
と店員さんが声をかけてくれた。
これは見ずにはいられないと、バスを乗り継いで、すぐさま一色本店まで向かった。
げんべい一色本店店頭
げんべい一色本店

本店へ入ると「伝説のマーブルギョサン」と書かれた売り場を発見。
何々と説明を読んでみると、製造時の色替えの時に、前の色と次の色が混じった物が一足だけできる。
それがマーブルギョサンと呼ばれる、激レアギョサンだった。

驚いたのが、そのデザインの格好良さ。
伝説のギョサン、マーブルギョサン

都内のセレクトショップで並んでいたら、きっと注目の的になるだろう。
ファッショナブルなこのギョサンを見て、私は迷わず今年の相棒にすることに決めた。


ビーチサンダルを買うと、急に気分が明るくなるのは何でだろうか。
それはきっと、サンダルを履いてビーチを歩く日が待ち遠しくなるからだ。


まだまだ夏真っ只中。
さあ、げんべいのビーチサンダルを履いて、地元っ子気分で葉山の夏を楽しみませんか?

今年の相棒のマーブルギョサン、カニのビジュアルのTシャツ、レディースとキッズサイズ

葉山のビーチサンダル専門店
げんべい
http://www.genbei.com/

Charge energy from the feet :)

Kae,

【2018.9/6~8限定!】
「げんべいのビーサンに履き替えて、ローカル気分でお祭りに」


公式サイト限定で、特典付きプランのご予約を承っております。
2018年9月7(金)・8日(土)に開催される 森戸大明神「例大祭」で、夏の終わりを締めくくるのはいかがでしょうか。
当プランでは、葉山を代表する老舗「げんべい」のビーチサンダルをプレゼント。

地元でも、毎年「今年は何色を買った?」と話題に上がるサンダルを履いて、
葉山っ子気分でお祭りにでかけてみませんか?
詳細はこちらから