The Canvas Blog | ブログ

Vol.43 早起きは三文の徳。日曜の朝は、葉山マーケット日曜朝市へ。

週末、葉山に滞在した際はぜひ訪れて欲しい。
「葉山マーケット日曜朝市」

それは葉山マリーナから徒歩2分程の、葉山鐙摺(あぶずり)港で開催されている。

葉山マーケット日曜朝市の看板。魚と野菜がモチーフ

目印はこの青い看板。
魚と野菜がモチーフにされていて、色づかいもおしゃれ。
フランスの朝市、いわばmarché(マルシェ)を連想させるデザインだ。

看板の矢印が指す先へ向かって、真っ直ぐ歩き進むと…
葉山マーケット日曜朝市の入口
どうやらここがマーケットの入り口のようだ。

時刻は8時15分。
まだ開始15分前のはずだが、中はすでに大勢の人の熱気で溢れている。

お財布の中を確認すると、「5千円札」が1枚。
今日は、この予算でとことん楽しんで見ようと思う。

+++

まずは目当てにしていた、毎週大行列と噂の、ケーキの切り落としとタルトのお店、
パティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤを探してみる事に。

一周まわってもケーキらしきものは見当たらなかったので、
聞いてみると、販売直前まで商品は陳列されないとの事。

「今ならタルトは買えるから、駐車場の方へ行ってみな。」
と言われ、さっそく向かってみると…

パティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤの行列の先頭付近パティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤの行列の中間地点パティスリー・ラ・マーレ・ド・チャヤの行列の最後尾

驚くほどの大行列。
車と車の間を、くねくねと人が並んでいる。
100人近くはいそうだ。

私が並び始めたのは8時20分。
この時点でケーキの切り落としは難しい状況で、タルトであればぎりぎり間に合うとの事。
(種類は選べなそうだが、、)

8時30分になると、リンリーンと、朝市開始の鐘の音が聞こえてきた。
そしてしばらくすると、行列が一気に動き始めた。

購入まではあっという間で、8時40分ごろ、無事タルト(アップル)を購入。
ケーキの切り落とし、他のタルト(オレンジ・洋梨)は売り切れだった。

++

目当てのタルトが購入でき、一安心したらお腹が空いてきた。
朝ごはんを探してみることに。

葉山フィッシャーマンズロッジのトロ丼。1日限定60食。

限定60食…ダメ元で聞いてみると、
幸運にもわずかに残っており、さっそく購入した。

すぐに食べたいところだが…!
朝市は時間との闘い。先に買い物を済ませることに。

++
トロ丼のすぐ横で
「しらすのピザはいかがかい?今ならおまけしておくよ。」

と、いかにも朝市らしい声が。

持ち帰り用のしらすのピザ2枚と、桜エビ、ちりめんじゃこが付いて2,000円。
どれがおまけだったのか、うっかり確認するのを忘れたが、いいお土産になりそうなので購入した。

トロ丼もしらすのピザも、
葉山フィッシャーマンズロッジというお店の品物らしい。

ル・ボスケの赤いワゴン。

実はタルトを並んでいる最中に気になっていた赤いワゴン。
葉山のオリーブオイル専門店「ル・ボスケ」というお店だ。

お店では、ピュアオイルのほか、フレーバーオイルを数多く揃えていて、
朝市では厳選された人気のオイルを、量り売りで購入することができる。

量り売りに目がない私は、迷うことなく購入することに。
味見をしてみて、ガーリックフレーバーのオイルに決めた。

今の季節だと、冷蔵庫に余った夏野菜をグリルにして、仕上げにかけるだけで立派な一品になるとのこと。
手間いらずで本格的な味に仕上がるフレーバーオイルは、忙しい主婦の右腕になるアイテムかもしれない。

ル・ボスケのオリーブオイルが陶器の坪に入って陳列されているル・ボスケのオリーブオイルは量り売りで購入できる

ボトルに注がれるオリーブオイルを見ていると、わくわくが止まらない。
旅先での、とびきり贅沢なお土産になった。

ル・ボスケの看板犬、エリちゃん。

看板犬のエリちゃんは、「また、来てね。」と言わんばかりに、
お客さんを一人一人見送っていた。

++

後半戦、ひと息つくために日陰茶屋のアイスコーヒーを購入。
気付けば、手持ち金はあと50円になっていた。

さすがにもう買えるものはないだろうと、諦め半分で一周してみると…
八百屋さん。葉山野菜がたくさん陳列されている。ジャガイモ1袋が50円

なんと50円のじゃがいもを発見!
すぐさま購入した。

5000円の予算内に計8品購入できました。

結果5千円で、これだけのものを購入することが出来た。
朝ごはんも、ティータイムも、お土産の一食分も手に入る、とてもお得な朝市だった。

葉山マーケットオリジナルエコバッグ。魚と野菜をモチーフ。

後で気付いたのだが、
看板のデザインのエコバックも販売されていたようで、こちらもお土産におすすめだ。

+++

葉山からの帰宅後は、
旅の余韻を楽しみながら、こんな一食が楽しめる。
焼くだけ、炒めるだけ、かけるだけなので、10分もかからずこの仕上がりだ。

持ち帰ったお土産で作ったごはん。しらすのピザ、桜エビのサラダ、ちりめんとジャガイモの炒め物、ガーリックオイルがけ
(左から時計回りに:しらすのピザ、ガーリックオリーブオイル、
アップルタルト、桜エビのサラダ、じゃがいもとじゃことピーマンの炒め物)

もうすぐ食欲の秋。
葉山マーケット日曜朝市で、葉山の美味しいものを存分に堪能しませんか?

*The Canvas Hayama Parkから車で8分。

《葉山マーケット日曜朝市》
開催日時:日曜日 午前8時30分~午前10時30分
  場所:葉山鐙摺(あぶずり)港
     神奈川県三浦郡葉山町堀内50−20

With 5,000 yen, you can get delicious Hayama on both hands!
Kae,