The Canvas Blog | ブログ

Vol.44 森戸大明神の例大祭18'

毎年9月7、8日は森戸大明神のお祭り「例大祭」。
森戸大明神の創建を祝うお祭りだ。

特に今年は週末にあたり、葉山は沢山のお祭り客で賑わっていた。

森戸大神宮の参道の鳥居参道には屋台がたくさん

参道にはたくさんの出店が並び、松とのコントラストが鮮やか。
歩いていると、なんだか元気が湧いてくる。

「わっしょい、わっしょい」

さっそく威勢のいい声が聞こえてきた。

例大祭の始まり。神輿が動き出した。

森戸の例大祭は、眞名瀬・森戸・あずま・元町高砂・三ケ浦の5町内の神輿が担がれ、順に町中を練り歩く。
その後、全ての神輿が森戸海岸に集まり、眞名瀬の神輿だけが海へ入っていく。
これは「浜降り」と呼ばれ、海の町でしか味わうことのできない珍しい光景だ。

本日は天候に恵まれたため、
燦燦と輝く太陽の下で浜降りが行われることになりそうだ。

浜降りが行われるまでまだ少し時間があるので、森戸大明神へお参りに行くことにした。

森戸大明神の入口、森戸大明神の貝合わせ恋守

参拝を終えた後、なんとも可愛い恋守りを発見。
貝合わせのような出会いと組み合わせを願った、開(貝)運のお守りだそう。

紐の色はたくさんあるため、気に入ったものを選べるのが楽しい。
よくみると貝の柄も少しずつ違うので、迷ってしまう。
こういう時は、直感で決めるのがコツかもしれない。

例大祭の儀式、湯立神楽の奉納中。釜に湯が煮えたぎっている

さらに歩くと、湯立神楽奉納と呼ばれる行事が行われていた。
釜で湯を煮えたぎらせ、無病息災や五穀豊穣などを願うそうだ。

近づくと本当に釜がブクブクと煮えたぎっていて、湯気が湧いていた。
何だか昔話の世界のよう。

「わっしょい、わっしょい」

そうこうしているうちに、神輿が森戸海岸に向かい始めた。
そろそろ浜降りが始まるようだ。

神輿が順々に浜へと集まってきて、一直線に整列した。
そして一息つくと、その列から眞名瀬の神輿だけが海へと進み始めた。

浜降り

日の入りが近づいてきたためか、急に空の色が落ち着き始めた。
わずか数分の浜降りだったが、瞬間、瞬間違った表情を見せる空と海で、とても幻想的だった。

この後も例大祭は夜まで続く。
屋台はライトアップされ、提灯が灯る。
町はすっかり暗くなったが、神輿はまだ止まらない。

「わっしょい、わっしょい」

普段は穏やかで落ち着いた町の人が、年に一度熱くなる日。
来年もこの森戸大明神の「例大祭」で、夏の締めくくりを迎えたいと思う。

*The Canvas Hayama Parkから車で6分。

森戸神社(森戸大明神)
公式HP:http://www.moritojinja.jp/

Let's send an ale“Wasshoi, wasshoi!”

Kae,