The Canvas Blog | ブログ

Vol.75 早春の葉山、美しい夕日たち。

そこで暮らすということは、
夕日を眺めることだと思うのは私だけだろうか。

旅先では夕日が水平線に沈むまで見つめる時の余裕はない。
暮れていく刻一刻を楽しむ豊かな生活を送る、そんな毎日が続くことを人は望むだろう。
そして暮らすように滞在し、忘れていた大切な時間を取り戻す。

早春の日差しの中、季節はうつろい、木枯らしが遠のくと、
葉山の海は鮮やかな化粧を纏うように、得意の表情を見せ始める。

葉山の海

砂浜には点々とはずむような間隔の足跡が鎖線のように続き、
そのあとを犬の鳴き声が追いかける。
葉山の水際で見かける幸せな瞬間だ。

最近テレビでは、散歩中の出会いを紹介する番組が多いが、
浜辺を歩く散歩は今日を振り返る自分の時間。
あるいはたいせつな人と静かな言葉を交わしながら、
ゆっくり辿るアンビエントなひと時だ。

葉山の夕日と人のシルエット

黄昏の中シルエットの人たちは、思いのほか遠くまで歩いてしまう。
水平線までの距離は以外に近く、4.5キロという。
永遠の彼方にも見える波路の果ては
壮大なオーラを放ちながら、朱華の太陽を飲み込んでいく。

葉山の夕日と地平線。太陽が赤く輝いている。

輝きが消えていくにつれて
空が、雲が万華鏡のように変化する。

茜色の夕焼けがドラマさながらに終わると、
星と月光が私たちの上に輝いて、長い一日が静かな眠りにつく。

私も静かなヴィラで、読書に耽ることにしよう。

Living is to look at the sunset.
Yoshifumi

…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
「暮らすように滞在する」五感で楽しむ葉山
The Canvas Hayama Park
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
Website/facebook/Instagram