The Canvas Blog | ブログ

Vol.70 ミサキドーナツ葉山店  可愛い店内と、ドーナツに癒される

2018年ミサキドーナツが葉山に新しくオープンしたと聞いて、小躍りしそうになった。

子どもの頃から、ふとした瞬間に食べたくなる「ドーナツ」という食べ物。
揚げドーナツ、焼きドーナツ。
プレーンの生地感を楽しめる味もよいし、チョコレートやホイップクリームで
甘々になっているのも好き。

おやつがドーナツと聞くと、それだけで特別な気持ちになったのは
なんでなんだろう。

大人になった今も、ドーナツを食べられるとなると
うきうきして、嬉しい気持ちになる。

逗子・葉山エリアでドーナツといえば、まず浮かぶのは
やはり「ミサキドーナツ」だろう。
神奈川県・三崎に本店を持ち、鎌倉、逗子店の3店舗。

昨年の秋は、葉山旅行の帰りに逗子店を訪れた。
過去ブログ:https://thecanvashotel.jp/blog/detail/index.php?id=598

ミサキドーナツ葉山店の外観。ワンちゃん用の犬リールフックが可愛らしい。

ミサキドーナツ葉山店は、元町交差点のすぐ近くと聞いていた。
どこにできたんだろう?ときょろきょろしていると
とっても可愛らしい、白いワンちゃんの絵がかかれた建物が。

近寄ってみると、MISAKI DONUTSの看板。
まさにここが、探していたミサキドーナツ葉山店だった。

ワンちゃんと一緒に、ドーナツを買いに来られる地元の方も多いそう。

ミサキドーナツ店内の写真。木を基調とした落ち着いた雰囲気で、どこも見渡しても可愛い

店内はイートインスペースもあり、
木を基調とした落ち着いた造り。
どこを見渡しても可愛くて、何枚も写真を撮ってしまった。

ミサキドーナツの椅子。MISAKI DONUTSのイニシャル=MDが書かれた椅子が可愛らしい。

特に、MISAKI DONUTSと書かれたテーブルと
「MD」と頭文字を略した椅子は、ミサキドーナツならではだ。
壁に描かれた木々も温かみを感じて、次はぜひイートインで頂きたいと思った。

ミサキドーナツ葉山店のドーナツ。葉山店限定の「新倉さんちの手作りジャム」を使ったドーナツは季節によって味が違う。

1つ1つ手づくりでつくられたドーナツは、美味しいだけでなく
安心して食べられる。

ウィンドウを眺めていると、どのドーナツも
それぞれ魅力的で、食べたくなってしまう。

葉山店限定の「新倉さんちの手作りジャム」を使ったドーナツは
季節によって味が違うそうで、私たちが訪れたときはゆずのジャム。

自家製カスタードが包まれた「エクレア」(のようなドーナツ)も
アールグレイ茶葉がしっかり練りこまれた「アールグレイ」も
葉山のお洒落さを体現したような、オレンジピールの入った「オランジュショコラ」も。
どれもどれも、味わってみたいドーナツだ。

今回は、「いちじくハニーのクリームチーズ」を頂くことに。
しっかりしたドーナツは、手にもつとずしりと重く
真ん中にぽっちりと乗っているいちじくは
噛めば噛むほど甘そうで、早く食べたくなる。

ミサキドーナツの前で、インスタグラムでよく見る可愛いポーズに挑戦。

はやる気持ちをおさえて、
インスタグラムで最近よく見るポーズで、写真を撮ってみる。

ミサキドーナツのお店の前で、ハイチーズ。
店内の写真と一緒に、インスタグラムに投稿してみようかな。

「いちじくハニーのクリームチーズ」は
重厚な生地を頬張ると、中からクリームチーズが現れ、ドーナツ生地とよくマッチしている。
ちょっと大人な味だ。

イチゴのショートケーキを食べるときは、イチゴを最後まで残しておきたいタイプだけれど
今回のいちじくは最初にぱくりと食べてしまった。

ドーナツ、クリームチーズ、いちじく。

3つ一緒に食べると、味だけでなく様々な食感もあわさって、とても幸せな気分。

次はどのドーナツを食べにこようかな?

ミサキドーナツの外観

《ミサキドーナツ葉山店》
住所:〒240-0112 神奈川県三浦郡葉山町堀内905
営業時間:平日:10時~18時 土曜・日曜・祝日:9時~18時
TEL:046-897-4922
公式HP:http://misakidonuts.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/misakidonuts/

~A little joy of choosing today's donuts~

Caori
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
「暮らすように滞在する」五感で楽しむ葉山
The Canvas Hayama Park
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
ウェブサイト/フェイスブック/インスタグラム