The Canvas Blog | ブログ

Vol.81 ~春のごちそう~葉山の天然若芽漁を見学(後編)

<前編はこちら>

もうもうと上がる湯気で、若芽(わかめ)漁師、舘野さんの姿が消える。
五右衛門風呂のような窯に入れられた若芽は
100度の熱湯の中で浸され数分の後、となりの冷水に入れられる。

「熱い熱い!、、、冷たい!」若芽の声が聞こえそうである。

何とも言えない透明感のある緑色に変わる時、それが嬉しい声だと思える。

葉山の春のごちそう、若芽(わかめ)。釜でゆであがったワカメは次々に引き上げられ、山盛りになる。
山盛りの若芽が次から次へと引き上げられる。
もう、すでに美味しそうである。

真新しいすのこ台の上に拡げられたエメラルドグリーンの若芽は、
この後一晩潮風に干される。

葉山の春のごちそう、若芽(わかめ)。ゆであがった後は、一晩潮風に干される。一面の鮮やかな緑が美しく、ますます季節を感じる。
2列に貼られたロープに、たくさんのピンチが下がっている。
若芽は茎の根の方から半分に割く。若芽一株に2つのピンチ。
三人がかりで丹念に留めていく。

20センチおきに約5メートルのロープが若芽でいっぱいになる。
広げられた若芽は、艶やかなドレスのようにフリフリを風になびかせ
浜で一夜を明かすのだ。潮風と陽光を浴びてさらに栄養価が増すだろう。

人の口に入るまで光合成を行っているかのよう。それが若芽なのだ。

葉山の春のごちそう、若芽。水揚げされた綺麗な緑は、すでに美味しそうだ。
そういえば、5月5日は「若芽の日」なのをご存知だろうか。
子供の日にかぶせて成長と健康を祈るという由来がある。

古く万葉集には海藻に因む和歌が百首以上ある。
若芽などやわらかい海藻のことは、「和布(にきめ)」として表現されている。
男性からの恋心を和布に喩えたロマンチックな和歌などもあり、興味深い。
折しも5月からの元号「令和」も、万葉の和歌からの典拠で、
どことなく繋がりを感じる。

また、若芽は豊作を祈願する神事にも深い関係を持ち、神聖で希少な象徴的存在だ。
食べるだけでなく、色々な方向から
古くから日本人になじみの深いものと言えるだろう。

この時期、葉山周辺の港は、一夜干しの若芽や昆布で黒い藤棚のような
風景が広がる。
収穫時期が限られることや、温暖化のための不漁から
天然の若芽をいただける機会は減少しているため、とても貴重だ。
海水温の高いことは若き漁師、舘野さんの心配のひとつでもある。

葉山の春のごちそう、若芽。山の食材タケノコと炊き合わせてみた。まさに海と山の出会った、春のぜいたくなごちそうである。

若芽料理というと、サラダ、酢の物、みそ汁などと並んで
竹の子との炊き合わせが春ならではのおすすめである。

海のレディーと山里の紳士の美味しい出会いは、この
時期にしか味わえないごちそうだ。

まだ日差しの柔らかい春先に葉山を訪れたら、
是非この天然若芽を味わっていただきたいものだ。

We Japanese are familier with Wakame seaweed from ancient era.

Yoshifumi.

…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
「暮らすように滞在する」五感で楽しむ葉山
The Canvas Hayama Park
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
ウェブサイト/フェイスブック/インスタグラム