The Canvas Blog | ブログ

Vol.47 葉山1泊2日の過ごし方(友人と2人でゆったり)

関東圏の方は車で1、2時間ほどの、葉山。
朝から行って、海で遊んだり、カフェでゆっくりしたり。
夕方くらいには帰路につく方も多いのではないだろうか。

日帰りで行ける場所ではあるけれど、
泊まってみると、もっともっと葉山の良さを味わうことができるかもしれない。

静かで、過ごしやすくて、美味しいものがたくさん増える。
そんな秋の始まりを想定して、友人と2人での滞在を想像してみた。

<1日目>
朝から車で葉山へ向かう。
ハヤマステーションの外観。お野菜や果物、お土産の購入ができる。

■10時 HAYAMA STATION(ハヤマステーション)でお買い物
まずは、葉山のお店が数多く出店しているHAYAMA STATIONへ。

ヴィラのキッチンでつくる夜ご飯のため、お野菜や果物を。

クッキーやジャム、クッキングソース。
お茶やトートバッグにアイスなど、葉山ゆかりのお土産も探せる。
友人とそれぞれ気になるものを選んで、お互いにプレゼントするのも楽しいかもしれない。

小腹が空いたら、日本茶専門店・日の出園「HINODE-EN CAFE」でソフトクリームを。
イートインスペースで葉山牛のコロッケやブレドールのパンを
ほおばることもできる。

詳しくはこちら:Vol.36 お土産と美味しいものを求めて、HAYAMA STATION

■11時 TANTO TEMPO(タントテンポ)に買い出し
「会話と買い物が楽しめる」アリメンターリ(イタリアの食料品店)。
お部屋でつまむのにぴったりな、ハムやチーズにワイン。
パスタや自家製総菜も。

お店の方との会話も楽しみながら、
好きなものを選ぶのはいかがでしょう。

詳しくはこちら:vol.15 美味しいもの( TANTO TEMPO )

■11時半 マーロウ葉山店でプリン
人気プリン店、ビーカープリンが有名なマーロウ葉山店の入口です。

ビーカープリンが有名なマーロウ。
TANTO TEMPOから車で道なりに進むと、5分ほどで葉山店に到着。
駐車場も広いのでありがたい。

ヴィラで楽しもうとプリンを選ぶつもりが、
季節のプリンが美味しそうで、やっぱり食べていくことに。

秋の始まり、テラス席で過ごす時間が心地よい。

詳しくはこちら:Vol.45 「栗のプリン」を食べに、マーロウ葉山店へ

■13時 H and cafe(アッシュアンドカフェ)でランチ
H and cafe(アッシュアンドカフェ)のおしゃれな店内。
マーロウから車でさらに南下して、ヴィラの方に向かう途中。
そろそろ、遅めのランチタイムはいかが?

さっきプリンを食べたばかりなのに、旅先ではなぜかいつもぺこぺこだ。

可愛らしいお店で、彩り豊かでお野菜たっぷりのランチを。
地元の契約農家さんから仕入れている新鮮な野菜や、
自家製のパン。一品一品が美味しく、ゆったりとした葉山時間を過ごせるカフェだ。

詳しくはこちら:Vol.37 まるで絵本の世界。H and Cafe (アッシュ アンド カフェ)

■15時 The Canvas Hayama Parkにチェックイン
The Canvas Hayama Parkの入口。看板にはとんびをあしらっている。

H and cafeからすぐ、ヴィラに到着だ。

スタッフがあたたかくお出迎え。
荷物を置き、一息ついたら葉山の町に繰り出そう。

■15時半 お散歩 一色海岸
ヴィラから道なりに歩いて北上しよう。
一色海岸までは、徒歩15分もあれば着くけれど
せっかくのお散歩だから、寄り道も楽しいかもしれない。

お気に入りのスポットを見つけたら、迷わず写真におさめよう。
きっと後で、いい思い出になるにちがいない。

おすすめは、大浜海岸と一色海岸のちょうど間にある、小磯の鼻。
なんだかおちゃめな名前ながら、
皇族の方々もお散歩をされる場所として、よく取り上げられる。
地元に住んでいる人からは、夕焼けスポットとしても人気だ。

CNN「世界のビーチ100」にもランクインした、一色海岸。
夏は海の家がたち、たくさんの人が水着姿で訪れて賑やかだ。
秋晴れのおだやかな海の前で、思いっきり息を吸ってみる。

いつもの空気とは、ちょっとちがうにおい。
「葉山に来たなーってかんじだね」と笑いあう、ゆるやかなお散歩時間だ。

詳しくはこちら:vol.4 小磯の鼻でお散歩

■16時 老舗のビーチサンダル屋さん、げんべい一色店
一色海岸からぶらり歩いて、げんべい一色店へ。

観光客だけでなく、地元の人も
「今年は何色にしようかな?」と毎年購入を楽しみにしている、ビーチサンダル。

一色海岸を歩く前に立ち寄って、げんべいのサンダルでお散歩するのも楽しいし、
お土産に購入するのもよい。

色んな柄のTシャツも取り揃えていて、家族全員に買ってかえりたくなってしまう。

詳しくはこちら:vol.34 葉山の老舗ビーチサンダル屋「げんべい」

■16時半 ブックショップ カスパール
ブックショップ カスパールの店内

げんべいのすぐ近くに、ブックショップ カスパールがある。
本や本屋さんが好きな方は、ぜひ立ち寄ってみよう。

小さな佇まいの中には、大きな世界がひろがっていて
丁寧に選ばれた本たちがお出迎えしてくれる。

カスパールの奥にはギャラリーが併設されており、ワークショップを行っていることも。
時期があえば、参加してみるのも楽しい。

詳しくはこちら:vol.18 葉山のブックショップ
Vol.46 いつも以上に突然すぎる、秋の到来にうろたえる

■17時半 葉山公園でお散歩
ヴィラに戻って、買ってきたお土産を置いたら。
もうそろそろサンセットの時間かな?

The Canvas Hayama Parkから徒歩2分。
葉山公園、そして目の前に広がる大浜海岸に行ってみよう。

海風を感じながら、時間があえば夕陽を眺めながら。
友人とのんびりした葉山時間を味わえる。

■18時 Stella Maris(ステラマリス)のスパトリートメント
ヴィラの中で、Stella Marisのスパトリートメントを受けてリラックス。
Stella Marisは海辺のリラクゼーションサロン。

お店に行って施術を受けるのもわくわくするけれど、
お化粧直しをしなくてもよかったり、そのままベッドでうとうとできるから
出張スパトリートメントならではの良さがある。

全身のボディトリートメントも気持ちよさそうだし、
この機会にローズフェイシャルを受けてみるのも。
メニュー選びには迷ってしまうかも。

※事前にサロンへ要お問合せ

詳しくはこちら:vol.8 海の町のリラクゼーションサロン( Stella Maris )

■20時 キッチンで手づくりごはん

ゆったりとした気持ちになったところで、
ゆるゆるとお料理を始める。

葉山には素敵なレストランもたくさんあるのだけれど、
スパトリートメントですっかりくつろいだ気持ちになったから
ヴィラの中で落ち着いて過ごしたい。

今日の夜は好きな時間に、好きなものを好きなだけつくって食べる
手づくりごはんはどうだろう。

ワインを飲みながらお料理したり、
つまみぐいをしたり。
それぞれの得意料理を披露しあうのも素敵。

テレビがない施設だから、友人とのおしゃべりにも花が咲く。
気取らず肩ひじはらず、葉山時間でごはんを楽しもう。

■葉山の夜は更けていく・・
ヴィラでごはんを楽しんだら、夜のお散歩に出かけるのもよい。
高い建物がない開けた空だから、星も都会よりきれいに見える。

静かな空間に聞こえる、虫の声。
海風のにおい。音。

せっかく日帰りではなく滞在するのだから
五感をフルに使って、葉山の夜を味わってみよう。

<2日目>
アウトドアフィットネスクラブBeach Hayamaでは、ヨガの他、SUPやシュノーケル、フラなど様々なアクティビティを体験できる。

■9時 Beach Hayamaで朝ヨガ
The Canvas Hayama Parkから徒歩3分。
築約80年の古民家を改装したアウトドアフィットネスクラブ「Beach Hayama」。

2日目の朝は、解放的なスタジオで、葉山の自然を感じながら
ヨガを体験。

ヴィラからすぐ行ける距離だから、朝9時スタートでも安心。
葉山公園をお散歩してから向かえば
より充実した時間を過ごせる。

泊まるからこそできる、朝のぜいたく葉山時間だ。

詳しくはこちら:vol.33 葉山を体験、BEACH HAYAMA

■10時 Seedling Cafe(シードリングカフェ)で朝ごはん
Beach Hayama併設のSeedling cafeでは、
休日限定でモーニングを行っている。

秋の涼しい時期には自家製のベーグル。
暑い時期にはおにぎりが食べられる。

ヨガの余韻を味わいながら、美味しい朝ごはんで
葉山時間を始めよう。

■11時  The Canvas Hayama Parkをチェックアウト
あっという間に、チェックアウトの時間。

ヴィラの中で二人で記念写真を撮って、
チェックアウト。

■11時半 inuit coffee roaster(イヌイットコーヒーロースター)でまったり
まだまだ葉山の旅は終わらない。
美味しいコーヒーを飲みに、Inuit Coffeeへ。
店主の乾さんにおすすめのコーヒーを教えてもらい、
素敵なカップでゆったり味わう。

お土産に、お気に入りのコーヒー豆を買って帰るのも◎

詳しくはこちら:Vol.38 コーヒー屋さんに行く楽しみ。inuit coffee roaster(イヌイットコーヒーロースター)

■13時 神奈川県立近代美術館としおさい公園
眺めが素敵な「レストラン オランジュ・ブルー」でランチ。
近代美術館の展示をみたり、近くのしおさい公園を散歩しても楽しめる。
近代美術館の奥には絶景スポットもあり、海の煌めきをより近くに感じられる。
海をバックに、友人と写真を撮るのもよい。

詳しくはこちら:Vol.39 15分で訪れた、素朴な絶景。神奈川県立近代美術館

The Canvas Hayama Park最寄りのバス停。

1泊2日の葉山での過ごし方、いかがでしたでしょうか。

車で行く前提で書いたけれど、
もちろん車がなくても十分楽しめる。

電車で訪れる方には、葉山女子旅きっぷがおすすめ。
電車&バスの乗車券+選べる逗子・葉山ごはん券+選べるおみやげ券が
セットになっている、お得なきっぷ。
ごはんとおみやげ券は、今回紹介していないお店もたくさん。

また、バスも充実しているから、
葉山内での移動も車がなくても大丈夫。

真夏に歩くのはつかれてしまうけれど、涼しくなってくる秋口には
ちょっとの距離なら歩くのもおすすめ。
いつもとはちがう景色を眺めながら、友人とおしゃべりする散歩は
よい思い出になるはず。

グーグルマップを駆使して、葉山時間を楽しもう。

1泊では書ききれないほど、葉山にはまだまだ
おすすめのスポットがたくさんある。

一年を通して魅力を感じられる町、葉山。
日帰りで行かれていた方も、次に葉山を訪れるときは
1泊滞在してみるのはいかがでしょうか。
いつもよりもゆったりした葉山時間を過ごせて、新たな魅力を発見できるかもしれない。

make your own special trip:)

Caori

…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
「暮らすように滞在する」五感で楽しむ葉山
The Canvas Hayama Park
…‥‥・ …‥‥・ …‥‥・
ウェブサイト/フェイスブック/インスタグラム